banner

種類や症状は様々

あなたは、自分の包茎がどういうタイプか知っていますでしょうか?
包茎には、真性包茎仮性包茎カントン包茎の3タイプがあります。
安全な包茎クリニックで治すのも良いと思います。

このうち、日本人の男性に多く見られるのが仮性包茎です。
仮性包茎は通常時、亀頭に包皮が被さっていますが、自力で皮を剥いて亀頭を露出させることができる包茎を指します。
実は、この仮性包茎が自然であるとする外国地域もあるそうです。

真性包茎の場合、仮性包茎とは異なり亀頭が出てくる包皮の部分が狭く、亀頭を露出できない包茎の事を指します。また、包皮と亀頭が癒着を起こしている場合も考えられます。
無理に剥こうとすると激しい痛みや場合によっては出血、炎症を起こしかねません。

この2つ、仮性包茎でも真性包茎でも違うのがカントン包茎と呼ばれるものです。
厳密にいうと、カントン包茎は包茎の種類ではなく、症状の名前といえるでしょう。
なぜなら、カントン包茎は包皮口が狭いのに、無理やり亀頭を露出させるのことで、包皮で亀頭を圧迫してしまい亀頭が水泡のようにパンパンになってしまう状態を指すからです。

このカントン包茎を放置すると、最悪の場合亀頭が壊死してしまいます。
なので、包茎で亀頭を露出するさせる場合、ゆっくりと剥いていき痛みがったらストップし、徐々に馴らしていくようにしましょう。

以上のように、包茎の種類や症状は様々です。
自分の包茎がどういった症状なのかしっかり把握し、専門医による相談、無理のない治療、行動をしていくことが肝心です。

感染症も引き起こす

包茎は不潔だというイメージがあります。もちろん、全ての包茎がそうではありませんが、不潔だと思われる原因として悪臭があります。

包茎とは、亀頭が常に露出していない状態なので、清潔を怠ると包皮と亀頭の間に尿や精液、その他分泌液等が固形化し、老廃物となって溜まります。
これを恥垢といい、悪臭の原因になっているのです。
また、恥垢が溜まると雑菌が繁殖しやすくなり、亀頭包皮炎や尿道炎などの炎症を引き起こす可能性があります。

亀頭と包皮の癒着が起こすトラブルは、これら炎症だけでなく、感染症も引き起こしかねません。
皮膚表面には、害のある細菌の繁殖や感染を防ぐ役目をする常在菌が存在します。
もちろん、陰茎にも無数の常在菌が繁殖しています。

しかし包茎である場合、亀頭が包皮に包まれているため、常に温かく分泌液等で湿っている事が多いので、細菌の温床になりやすいということがあげられます。
こういった条件下のもと、細菌が増えすぎる傾向にあるのです。
過ぎたるは及ばざるがごとし、です。これが感染症にかかりやすくなる原因となります。

対処法としては、可能な限り清潔に保つということです。
仮性包茎のように、自分で包皮をめくり恥垢を洗い流すことができる場合は、まず心配はいりません。

しかし、包皮口が非常に狭い、または亀頭と包皮の癒着がみられる真性包茎のような場合は、早めの対処が必要となります。
状況を踏まえて専門医に相談し、手術を検討するなり早めの対応をしましょう。
包茎にお困りならこちら

横浜で包茎手術のことなら【横浜中央クリニック メンズサイト】
【横浜中央クリニック メンズサイト】
Copyright (C) 2013-2014 包茎の種類 All Rights Reserved.